障害者雇用促進法の法定雇用率の変更で就業チャンスアップ

2013年の4月1日から障害者雇用率が今まで1.8%だったのが2.0%までアップされました。これに伴い障害者の雇用人数が全国的に0.2%アップするということですね!今回は障害者雇用促進法とソレに伴うチャンスについてご紹介します。
障害者雇用促進法

■障害者雇用促進法で定められている法定雇用率

厚生労働省が定めているこの法律ですがこの内容はようするに障害者の雇用を義務付けましょう!っと言うものです。この改正により障害者雇用率は以下のとおりに変更になります。


  • 民間企業:1.8→2.0%
  • 国及び地方公共団体や特殊法人:2.1→2.3%
  • 教育委員会:2.0→2.2%

全体的に2%アップ担っています。

これにともなって常用雇用労働者が56人いる企業については1人以上の障害者を雇用することが義務付けられています。

こちらの法改正が起きて各企業は随時雇用の募集をハローワークにかけています。そこでハローワークでは臨時の障害者雇用募集企業の集団説明会を開いているところが多いです。

ハローワークで1件1件話を聞くよりもこういったチャンスでまとめて説明会を聞いて一気に進めていくのが効率的ですね。これから各企業が除々に雇用を増やしていくのにあわせ景気が上昇中なので雇用状況自体が全体的に改善傾向にあります。今年来年あたりは非常にチャンスなのでいまから就職活動をはじめたり、資格取得の勉強などを初めて社会復帰に向けて準備をしてみてはいかがでしょうか

ちなみに事業主がこの法律を破った場合不足する障害者数に応じて一人あたり月額5万円を支払わなければなりません。事業主の皆さんはこちらも注意してくださいね

こんな記事もありますよ
うつ病患者からみた接し方と禁句と言ってもいい3つ言葉

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク