うつ病克服にかなりいい引き寄せの法則

最近また話題になっている引き寄せの法則。簡単に説明すると念じれば夢が叶うってやつですね。調べてもなんかわかんないけどとりあえず引き寄せの法則は効果がある!的なスピリチュアル的な記事ばっかりで正直うわー宗教チックだわ。って思っていてやってなかったんです。メンタルにそこまで影響するものなのかなぁ~っと半信半疑です。

でも折角なので、何で引き寄せの法則が効果があるのかを人に説明できるように考えてみた。そして考えた結果意味があるなと思い、カウンセリングの代わりにこれでうつ病を克服してみようと思い導入してみたら効果がありました。その時のことをご紹介しようと思います。

引寄せの法則シークレット


■引き寄せの法則=打つ条克服のための目標を立てている

引き寄せの法則って夢を叶えたいからそのことを考えるっということです。最初は無理だろうな~っていう夢を考えることから始める。この段階で自分で気がついていないけれど目標を掲げていることなんですよね。

本人からしたら目標だと思っていないからどうやろうか。どうやっていいかわからないよ。っていうストレスが無い。とりあえず目標を毎日思うことで考えを具体化していく作業が発生している。

これをずっと繰り返していると、ちょっとやってみてもいいかなっという実行意識が働くようになります。

■大きな目標は小さな目標をクリアすることで達成する

仕事で大きなプロジェクトをやる時に最初にやっていることは、とにかく内容を細かく分けて目標を小さくしていくとです。そうすることで現実感が出てきて具体的な作業内容が固まってきます。

引き寄せの法則は大きな夢という目標を、簡単でできそうなことからクリアする習慣を身に着けていくんですよね。例えば痩せたい!っていうことを引き寄せの法則で考えてみましょう

うつを治したい!を毎日考える

目標となる人の写真を貼ってみようかな

具体的なその人になるためにどんな目標立てればいいかな

ちょっと運動してみようかな折角だし

規則正しい生活したほうがいいかも

あれ!?最近体力ついてきた

体に元気がついてきたぞ!うつ病もいつのまにか良い感じかもw

こんなかんじです。

この中で幾つかの作業内容にわかれているのがわかりますか。
・ゴールを決める
・食生活の改善
・運動不足解消
・生活リズムを整える

ダイエットに必要なことを自然と今まで培ってきた経験で少しずつやれてしまうんです。そして目標を都度都度自分で設定してクリアしていくので達成感がでかい。そして自分自身は目標だと思っていないからストレスがないんです。

■引き寄せの法則をやるならとにかくでかい目標にするといい

中途半端に現実味があると目標だと思ってしまいます。だからでかい夢を掲げたほうが叶ったらいいかもな~ぐらいなので叶わなくてもストレスがないしためにしやってみてもいいかなっと前向きにチャレンジすることができます。

僕の夢はとりあえず10年で10億を稼ぐことですが、最初は絶対無理だろwww俺何言ってるんだろうwwwっと自分でも恥ずかしかったですが、これが毎日考えているとどうやってやろうかなぁ~達成するにはどうしたらいかな~っていうだんだん具体的な目標に落としてきます。

引き寄せの法則っていうふわっとしたものがきっかけで夢に対して前向きにチャレンジできるので、否定するより取り敢えずやってみてはいかがでしょうか。思うだけならただですから。

■うつ病を克服するために読んでる引き寄せの法則の本

これDVDでも出ているのでレンタルしてみました。うつ病仲間もみんな読んで元気になっているのでかなりお勧めです。
ザ・シークレット
ロンダ・バーン
角川書店 (2007-10-29)
売り上げランキング: 119




引き寄せるために必要な習慣についてのおすすめ記事はこちら
習慣を作る為にまずは目標を分解して超楽なことから始めよう

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク