不安解消したい!胸が苦しいうつ病に効くかんたん対処法

うつ病になると夜になると凄い不安になりますよね。将来への不安。お金の不安。わけもなく不安になる。薬を飲めば楽になる時もあるけど、薬がなくなるともうダメ。。。。。動悸や胸が締め付けられてそれだけでもうどんどん悪循環にはまっていく。

そこで今回は薬を飲まなくても不安が解消できる方法をご紹介します。

不安解消

動悸や胸の締め付けは体が不安解消の為に戦っている!!

どうしてもストレスって悪いって思いますよね。でもスポーツ選手などは多少の緊張感やストレスがあったほうがあったほうが成績が良くなるって知ってましたか?

ようするにストレスや不安というのは緊張感なのでいい意味も有るんですよ。

っということは動悸や胸の締め付けなどは体が今よりも強くなろうとしてくれているわけです!!自分の体凄い!!って思いませんか?

なんでこんなに苦しいんだろう。辛いんだろうッて思いますよね。自分の体がどんどん悪くなって良くなる気持ちがしないって思いますよね。でもそうじゃなくて、今の自分は心だけが戦ってくれているんじゃなくて、体も戦ってくれているってことなんですよ!

風を引いた時だって体を治すために、熱を上げてウィルスと戦ってくれてるじゃないですか!あれは熱が上がることによってウィルスと戦いやすい体の温度にしているんですよ。

だから、不安になったら心だけが戦ってるんじゃない。こうして、体も一緒に不安を解消するために戦ってくれているんだ。今よりも強い体を頑張って作ってくれているんだ!って思って体にありがとうって思いましょう。

寝たきりだと体が弱くなります。多少のストレスが心の筋トレになっているんだって思うとありがとうって思えるようになると思います。そうすると少しずつ不安が解消されていきます。

アメリカの20年間のストレスに対しての研究だとストレスが悪いと思う人と関係ないと思う人だと死亡率に大きな差が出るという研究結果もあります。※すみませんデータ元を忘れてしまいました・・・。

要するに心の病気は心の持ちようで変わるということです。辛い時にこそ頑張ってくれている体にありがとうって言いましょう。これを読んでいる人はきっと今ままで自分の体に感謝をしたことがないと思います。何で動かないの?って攻めてばっかりだと思います。これをきっかけに体にありがとうをいって不安を解消させましょう。

ストレス解消法と発散法の記事も書いてます
ストレス解消法は6つ!うつ病がよくなったから教えるよ


ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク