無職でも家を借りることができる家賃保証会社の審査について

ちょうど家を出て東京で一人暮らしをするために家探しを行うので現在無職が家を借りるために不動産会社に電話してみました。そこで家賃保証会社の審査についても聞いてみました。

家賃保証会社の審査


家賃保証会社の審査に必要なのは当面の生活費の証明

当然ですが保証会社も保証するためにはその人が生活できることが条件となります。そこで必要なのが当面の生活費を持っているかどうかが大事だそうです。ではどれぐらいが必要なのか目安としては30万は必要とのことです。そうすれば保証人会社の審査は通りやすくなるそうです。

ではどうやってそれを証明するのか。銀行口座の通帳の履歴が必要です。これは急にお金を入れたりしてないかというチェックに使うそうです。まあ確かにお金を借りてダミーでみせることも可能ですからね。

でも通帳なんてどこにもないよ!って人もいると思います。まあ探せばあるんでしょうが。そこでネットバンクの印刷でもいいですか?と確認したらOKとのことでした。これなら問題無いですね。

家賃保証会社の利用には緊急連絡先が必要

まあ家賃保証会社を利用するってことは保証人がいない。身内など頼る人がいないっというわけですよね。もしも死んじゃったりしたら困っちゃいますよね。その時に誰に連絡すればいいのかって事になりますので緊急連絡先が必要となります。

特保証人に連絡が行ったりしませんので結構安心です。でも勝手に名前使っちゃダメですよ。

家賃保証会社が落ちる条件は2つ

1当面の生活費がないこと。目安は30万程度
2保証会社を付かたことが有り未納があること

其れさえクリアできればとくに家賃保証会社でトラブルが起きることはありません。

実際に家を探してみました
無職で保証人も使えない人でも東京で賃貸物件を借りる裏ワザミニミニ不動産で実践済み

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク