アビリティスタッフィングの口コミと評判を登録したうつ病患者のまとめ

アビリティスタッフィングとはリクルートが運営するうつ病や統合失調症などの精神疾患専用の就職サービスに登録してみました。


アビリティスタッフィングとは精神障害者の就職エージェント

東京にいったら利用しようと思っていた就職エージェントです。自分は病気になる前は転職エージェントを何度か利用して就職する度に給料を増やしてきました。健常者向けのリクルートエージェントという転職エージェントで一部上場企業にも就職しました。

リクルートは就職に強い会社なのでそのグループ会社アビリティスタッフィングもきっと効率よく仕事が見つかるはずだと思っています。

精神障害者の就職エージェントアビリティスタッフィング

登録会は毎回満席になっているので早めの申込が必要です。申し込みは住所氏名メールアドレスを必須で入力ですがそれ以外の過去の就労状況などは入力する必要はありません。

流れとしては登録会にいって説明を聞いて実際に最終的に登録するかどうかは本人次第です。

仕事は事務職の求人紹介してくれる

うつ病や双極性障害の人など精神疾患にかかった人は事務職を希望する人が多いです。しかし、ハローワークの障害者求人では清掃などの肉体労働が中心で求職者と企業の雇用のミスマッチが多いです。

そこでアビリティスタッフィングでは事務職を中心とした企業を紹介してくれます。

アビリティスタッフィングへの登録の流れ

サイトから説明会に申し込んむと連絡が入ります。早めに連絡を入れれば希望する日に登録できます。場所は新橋駅から近い銀座8丁目のリクルートのビルです。

当日指定した時間にビルの1階で待っていると待ち合わせ時間になると担当者が広い会議室に案内してくれます。一括の説明会でした。人数定期には30人ぐらいでした。

席は適当に案内されますがグループワークがあり1テーブルに7人程度が円になってすわります。そこでみんなで簡単な自己紹介をしたり、病気になってできなくなったことそれを克服ために何をやっているかななどの話を30分程度します。

グループワークといっても硬いものじゃなくてまあ人前で話しても平気なのかなぁみたいな自己チェックみたいな感じですね、

その後サービスの説明があります。基本的には障害手帳を持っていることが前提です。その後必要書類を書いて個別に面談をしてどんな仕事がいいか勤務地や給料などを話します。

どういったことに配慮してほしかなども事前に告げる必要があります。精神疾患は見た目ではわからないので企業側も困ったときにどうやって対応してあげたらいいかわからないのでここはしっかり意見を告げておくといいですね。

自分はトイレが近いのでちょこちょこいけるところがいいですね。といったことや飛び込み営業をやっていたので営業の部署はちょっととか、仕事はIT系だったのですが事務職だったらIT企業でもいいですなどなどそんな話をしました。

リクルートの担当の人たちは凄い話やすく、笑顔でしたし感じが良かったです。ここなら決まるんじゃないかなぁって思います。

あとは家に帰るとメールが届くので添付されたExcelを開いて職歴などの情報を書いて返信すると登録完了で紹介スタートになるようです。

障害者の内定率60%の転職エージェントを初めての人に教えてあげたい

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク