ハローワークで精神福祉士に障害者に就職のコツとか聞いてきた

ハローワークに障害枠の就職相談に行ってきたんですが、精神福祉士さんがいました。そこで予約なしに面談を受けさせてもらったのでその内容と就職相談について記録しておくよ

ハローワークにも非公開案件がある

なんとハローワークにも検索に引っかからない求人が存在するそうです。これは知らなかった。障害者の求人は一般の人は閲覧できるけど応募はできません。まあここまでは当たり前ですよね。

障害者でも見れない案件があるとのこと。それは就労支援の団体などに登録しているかなどが必要のようです。

障害者雇用をする起業は基本的大企業やそのグループ企業が多いです。なぜなら法律的に一定以上の割合の障害者を雇用しなくてはいけないから。しかし、大手にでも雇用した後に障害者をサポートする専門医例えば精神福祉士さんが社内に常駐していたり雇ってたり指定ないケースもあるそうです。

そこで外部のNPOや就労支援センターなどの障害者が就労後も相談できる機関に登録している人だけに公開している案件があるそうです。そうすることで困ったときに障害者と起業の間に入ってくれる機関があることが起業にとっても障害者にとってもいいみたい。

そういった期間を通してお互いが調整しあえば角がたたないですしね。

どうやって就労支援センターを探すか

これは普通に国でやっている就労支援センターがあるので役所にきけばすぐ教えてくれます。あとはNPOなどで支援してくれる場所もあります。NPOは市区町村とかで変わってくると思います。自分の住んでいる場所にはありました。

別途登録会などがあるので個別に相談する必要がありますが、これについても役所に「国の支援以外に民間とかの就職支援のやつとかありませんか?」と福祉課などで聞けば教えてくれると思います。

詳しくはこんな記事も書いてます
就労移行支援事業とは障害者の雇用支援なので詳しく調べてみた

求人があったら履歴書を送る際のポイント

このへんは一般の就職活動でも使えると思います。箇条書きにしておきますね

  • 白い封筒を使う
  • 送り状をつける
  • クリアファイルに入れる
  • 速達を使う
白い封筒や送り状をつけるというのはまあ結構当たり前ですけどきっちりやりたいですよね。封筒は書類を折らないで入れられる大きなもので送りましょう。公的書類は折らないで送られてきますよね。この辺を守りましょうってことdす。

クリアファイルはなんで使うかって言うと1つは、雨などで書類が濡れて読めなくならないように、1つはやはり障害者は事務系を応募するのできっちりしているなと思ってもらうため

速達はなんでかというと手渡しで渡されるっということだったり、やる気が伝わる早く就職したいっというアピールにつながるそうです。

手書きについてどうか聞いてきました。
THE事務員さんを募集している会社やITが普及しきってない昔ながらの会社は手書きの書類が多いので字の綺麗さが重要とするところもあるそうです。そういうところは履歴書の字で判断もするそうなのです。

なるほど~確かに手書きの書類が多くて取引先に書類をだすところは重要視しますよね。自分もIT企業でしたが送られてくる書類の宛名書きが手書きの場合、汚いなとか綺麗だなって見てましたし。

まとめやらないならやった方がいい

そんな細かいところ気にするの?って思った人はやらなくてもいいし、そうか確かにって思った人はやったほうがいいです。事務募集はきっちりした人が欲しいので選ぶ段階でどっちでもいいけどあえて言うならこっちの人ってなる可能性が高いですし。

こういう細かいところって性格的なところが多いから注意しても直せない場合が多いし、自分で意識した人が治せる細かいレベルですからね。

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク