うつ病などの精神障害者が就職面接で必ず聞かれる5つの質問と対策

うつ病などで精神障害福祉手帳を持っている人が元気になって仕事を探しをする際に必ず企業から就職面接で聞かれる質問と対策を実際に何件も面接を受けた経験からご紹介したいと思います。

うつ病などの精神障害者が就職面接で必ず聞かれる5つの質問と対策

精神障害が発症した時期と発祥原因は?

精神障害者で途中から病気が発症した場合、身体障害と違って比較的原因がわかりにくいです。自分でも何でうつ病になってしまったんだと凄い悩みました。最近は気持ちが落ち着いてきたので平気になってきましたが。

自分でもわからないのに、精神障害者を雇ったことがない企業や雇ったことがあっても症状が人それぞれなので、病気が再発しないようにするために事前になぜ精神障害が発症したか質問されます。別にいじわるで聞いているわけではありません。配慮するためです。

自分の場合は過労や責任感が強い仕事でプレッシャーを毎日受け続けていたのと、調整する人数が10~30人など大きな会議が多く無理なスケジュールで泣いていたIT系のお仕事だったからです。

精神障害の具体的な症状と対処法は?

会社としてはずっとその人のケアをしているわけには行きません。病院ではなく働いてもらわなければならないので、そのため何か病気の具体的な症状を自分で認識しているか、そして、その症状が出てしまった時はどのように対処しているかを聞かれます。

これは、会社として配慮できる点は席であったり、時間調整だったり、人間関係程度であまり多くのフォローをしてあげたくても出来ないからです。

自分の場合は不安が強くなる、動機が増えるという症状が出ることがあるので、コンビニに言ったりビルの周りを散歩する5分程度の離席で気分転換ができるので、そうしたことをお願いするようにしています。

人によっては大きな音がダメな人は耳栓を付けさせてください。などもあるかもしれません。

会社としては配慮してほしいことはなにか

こちらは上でも書きましたが、会社として出来る事は少ないですができるだけ対応可能なことは事前にヒアリングしておくことで働きやすくしてくれます。

例えば、電話は苦手なので電話を取り次がない仕事にさせてください。人に囲まれるのが苦手なので隅の席にしてください。焦るとパニックになるので大丈夫だよと声をかけてくれると助かりますなどなど

これは自分の具体的な症状と対処法をしっかり把握しておかないと就職面接で質問された時に対策トレませんので一つ上の精神障害恩具体的な症状と対処法をきっちり自分で振り返ってみましょう。

現状の服薬状態や通院の頻度について

これはしっかり病院に行けているか、薬は飲めているかということを確認することで客観的な医師の診察のアドバイスなどを貰って自身で体調コントロールしてもらうためです。

ついつい、薬が余ったりしていませんか?心療内科に行くのがめんどくさくなってさぼったりしていませんか?こういう普段の生活が出来ないと仕事もできませんのでチェックされるポイントとなります。

家族や友達、行政などの支援機関などに頼ることが出来るか

会社は会社の中のことしか対処できません。家で家族とケンカをして辛いから休みたいと言われても会社としてはどうにも対処することが出来ません。そういった時にプライベートな問題を相談をする人がいるのか。支援機関などに登録しているかが聞かれます。ハローワークでも言われましたが、支援機関に登録していない場合は面接で断られるケースが多いそうです。

なぜなら、企業自身に専門のカウンセラーを雇うほど大手ばかりではないためです。そういったフォローは外部の機関を使ってほしいというのが企業の本音のようです。

精神障害者が就職面接での質問と対策のまとめ

先ずは、自分の病状をしっかり振り返って原因をはっきりさせること、そしてどうやってそれを乗り越えるために対処したか、あとは規則正しい生活をしながらしっかり病院に通うこと。

使える支援機関やサポートには早めに登録しておくこと。病気の事故分析ができたら会社に何をお願いしたいか遠慮無くしっかり言うこと。

起業は障害者を雇うことを前提で面接をしてくれるので非常に優しい面接となっています。あくまで通常のクローズで応募した場合と比べてですが。それでもしっかり相談しながら話を聞いてくれるのでリラックスして面接に望むことが出来ますので勇気を持って書類を送ってみましょう。

通常転職でも書類通過率は30%程度です。とにかくパソコンで履歴書と職務経歴書をつくってガンガン送りまくりましょう。

転職サイトおすすめ
転職エージェントおすすめ

面接で精神障害者は就職採用されるのか超大手の人事に聞いてきた

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク