事業者にもメリット障害者短時間トライアル雇用奨励金で助成金が貰える

障害者でも求人はフルタイムが求められがちですが、厚生労働省は障害者短時間トライアル雇用奨励金というものを用意して障害者の雇用促進に努めていますので事業者の人には知ってほしい



障害者短時間トライアル雇用奨励金とはなにか

障害者トライアル雇用奨励金とは知識不足や職業経験が無い人や少ない人、技能が少ない人を国が助成金を出すから民間企業で実際に試験的にでも一定期間働いてもらって事業者自体に障害者でも働けるという安心感をもってもらったり、障害者の方も働けるんだ!っていう実感を持ってもらうための制度です。

この障害者トライアル雇用奨励金制度にプラスされて週20時間以上の勤務を目指している精神障害者および発達障害者の方に対して、1周間で10~20時間程度の短期トライアル雇用を行った場合に助成するのが障害者短期トライアル雇用制度です。

これにより精神障害者や発達障害の人がより社会にでやすくなる制度

障害者トライアル雇用奨励金の受給要件

精神障害者や発達障害の人をハローワークや民間の職業紹介事業者などの紹介で雇用し3ヶ月~12ヶ月間雇用すること

受給金額は1名につき月額最大2万円で最長1年間となります。

これを書いている自分もうつ病の精神障害者ですが、普通に面接とかも通ってますし、コミュニケーション能力が高いと評価されて希望の人事総務から主要部署への希望にさせてもらえないかという依頼も受けています。ですので実際にまずは制度を使って見ていただきたいと思います。

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク