職業訓練を受けて失業保険受給期間を伸ばす手続方法

ハローワークで失業保険受給期間が切れそうな時に職業訓練を受ければ失業保険の受給期間が延長されるますが、これを受けるにはかなり緻密な計算が入ります。終わりそうだな。さて申請に行くかではもう間に合いません。そこで職業訓練の申請に必要なことをまとめておきます。

職業訓練を受けて失業保険受給期間を伸ばすために絶対に知っておくべき情報

失業手当とかともいいますがここでは失業保険で統一しておきますね

職業訓練には公共訓練と求職者支援訓練の2種類がある

職業訓練には2種類存在します。都道府県が主宰の公共訓練と厚生労働省が主宰の求職者支援訓練です。失業保険が延長されるのは公共訓練のほうなので今回は公共訓練についてのみご紹介していきます。

公共訓練にも施設内訓練と委託訓練の2種類がある

ここでまた2種類別れるのかよ!って思うかもしれませんが内容はいたって簡単です。民間に委託しているか国が管理しているかの違いです。

  • 各都道府県が管理している施設内訓練
  • 委託訓練(施設外訓練)

施設内訓練とは
開催期間は毎年1月4月7月10月に開講される職業訓練のことで職業能力開発センターなどで受講ができます。東京では主に大きく分けて講義の内容は次のようなものがあります。

受講期間は半年や1年のものなどが有り年齢制限や一般向けなどで対象がわかれています。期間が長いものは受講料がかかったりしますが東京だと1年コースが有料のようです。半年のやつは無料ですね。ちなみに場合によってテキスト代などが数千円かかることが有ります。

  • OAシステム開発科
  • パソコングラフィック科
  • グラフィック印刷科
  • 印刷企画営業科
  • DTP科
  • 介護サービス科
  • 医療事務科
  • ネットワーク構築科
  • 貿易実務科

委託訓練(施設外訓練)とは
民間に職業訓練を委託して民間の学校で受講するものです。こちらはコースによりますが毎月何かしら募集していてハローワークにいくと募集のサッシを配っていますのでぜひ貰ってください。テキスト代などがかかる場合が有ります。

職業訓練の応募要件
開講日において雇用保険受給者で一定の条件に該当すればだれでも応募可能

気になる失業保険の延長をするためには

失業保険言っていますが、正しくは雇用保険ですね。公共訓練に応募をして合格し、開講日に失業保険が残っていると訓練期間中失業保険が延長になる

ですので申込日に失業保険が残っていることが条件じゃないことを絶対に覚えておいてください。
合格して職業訓練に通えると、1日500円の受講手当と通所手当という交通費が貰えます。受講手当については都道府県によって違うかもしれません。

職業訓練の申し込みの流れ

申し込みは実は結構めんどくさくて、ハローワークに言ってこれやりたいです。分かりました。すぐ応募って言う訳にはいきません。次のような流れが必要です。


  1. ハローワークでキャリア・コンサルティングを受ける
  2. 訓練校の説明会などに参加する
  3. ハローワークに受講申込書を提出する

これだけの手続きが必要です。当然1日で終るスケジュールではありません。訓練校も毎日説明会をやっているわけではないので募集のサッシをしっかりチェックすることが必要です。普通に手続をしていると1~2週間は絶対にかかります。

申し込みを1日で終わらせる裏ワザ

自分は失業保険が残っていて次の職業訓練に応募して間に合う期間があと2日しか猶予がない状態でした。そこでやったこと。


  • ハローワークでコンサルティングを受ける
  • やりたいのが決まっていた
  • ハロワの担当者に訓練校に見学会にいかなくてOKの確認がとれたらいいか確認
  • 訓練校に電話をかけて受けたい旨を告げる
  • 説明会にいかなくていいか確認する
  • 訓練校は大丈夫のOKを口頭で貰う
  • ハローワークで受講申込書を書き提出
  • 提出したら訓練校に電話をして面接の予約

これを2時間ぐらいで終わらせてOK貰いました。ちなみに自分は就活や役所に引っ越して色々いっているので鞄に印鑑とかいろいろあったので助かりました。受講申込書は必要な物が多いので上げておきます。


  • 申込書:ハローワークでもらう
  • 証明写真:(40×30mm)
  • 印鑑
  • 92円分の切手
  • 長3封筒
  • 雇用保険受給資格者証
  • 身分証明証

これだけあれば問題はありません。封筒などは書き損じがあると困るので余分に持っていったほうがいいです。

受講申込書は志望動機や最終学歴職歴やパソコンスキルや資格などを書くので簡単な履歴書だと思ってください。

受講申込書のあともめんどくさいジョブカードの作成

受講申込書さえ申し込めばとりあえずスケジュール的には一段落つきますが、今度は面接に向けてジョブカードなるものを作成しなければなりません。こちらは一般企業に提出するレベルの書類の作成です。


  • ジョブカード様式1 履歴シート1:履歴書:住所・氏名・電話番号・写真・職務経歴・学歴
  • ジョブカード様式1 履歴シート2:資格・自己PR・志望動機
  • ジョブカード様式2 職務経歴シート:職務経歴書ですね
  • ジョブカード様式3 キャリアシート:就業に関する目標・希望職業職種・希望理由

これは手描きの用紙も有りますが、厚生労働省のサイトからExcel形式でダウンロードできるのでそちらがおすすめ。
ダウンロード先:http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/job_card01/jc03.html

これを書いたら終わりじゃ無くてハローワークでチェックしてもらわないといけないんですよね。自分は2回通いました。赤入れをされて内容を修正していきました。

面倒ですが、これをやっておけば就職活動の時に応募書類をパソコンで作る時にコピペでできるので簡単です。

ここまでやってOKを貰ったらハローワークの担当者のコメントを書いてもらってチェックしてもらった証明の印鑑を押してもらえば後は面接に行くだけです。

職業訓練を受けて失業保険受給期間を伸ばすため必ずやることまとめ

失業保険の受給終了日を確認して、逆算して公共職業訓練の申込最終日を確認しておくこと。うつ病などの病気でやめて自己都合じゃない人などの給付制限期間の3ヶ月がない人はすぐに失業保険が貰える人は貰えると同時に申し込まないと間に合わないと思ってください

自分がやった1日ですべての手続が終わったのも奇跡に近いのでできるだけ早めに動いてください。

あと職業訓練は失業保険の受給期間を伸ばすためじゃなくスキルを身につけることを覚えておいてください。じゃないとここまで手続をして面接で落ちたら延長されるどころか全て無駄になってしまいますからね

職業訓練で失業保険を貰うより働いたほうが稼げる

もちろん失業保険が300日になるとかなり心が安心できます。でも失業保険が延長になっても結局は働かなければなりません。働いている方が給料が多いし、早く仕事を決めたほうがお金の不安がなくなります。

職業訓練を生きながら転職活動や就職活動を行う必要があるのです。だからこそ、これを見て失業保険を伸ばしたいと思った人は同時に転職活動の準備を始めてください。

できることはかんたんです。転職サイトにまず登録することです。まずは1つ有名な日本最大の就職サイトリクナビネクストに登録してみる。
リクナビネクスト

もしくは就職がしやすく手に職をつけられる医療系や介護系の仕事を探すのがいいです。自分の知り合いは障害者だけど介護の仕事をしています。障害者だからこそ優しく慣れる仕事だから都のことでした。

未経験でもできる医療系の仕事を募集している転職や就職サイトはこちら

あなたにおすすめのハローワーク記事
5分ぐらい失業保険再就職手当ての手続き

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク