ストレス解消法は6つ!うつ病がよくなったから教えるよ

ストレス解消法と言っても様々ありますが、そもそもストレスってどんな時に感じるのかをストレスを感じ続けて心の病気のうつ病になった自分がその解消法や発散法を教えます。

ストレス解消法と発散法


ストレスは環境が変わることで感じる!いいことでもね

悪いことだけがストレスと感じると思われがちですが、良い事もストレスになります。たとえば子供が生まれる。昇進する。引越をして家が広くなる。友達がたくさん増えるなどなど。恋人が出来たり、同棲したりもそうですね。こんな別にいいことじゃないってことがストレスとなっていきます。

子供が生まれると今まで出来た好きな趣味などができなくなります。子供の面倒も見なくてはいけません。当然嬉しいことですがその反面できなくなることが起きて今までの生活リズムが崩れてしまいます。

引越も今までの人間関係が全くなくなってしまい、生活環境もガラッと変わるので、そこに適応するためにいろんなことを覚えていかなければなりません。

色々な行政機関への手続きや引越し後の荷物の片付け。家が広くなって豪華になって嬉しいのにストレスを感じてしまうのです。

仕事の昇進もそうです。給料が増えて部下も増えて今までよりもやりがいが出るのに、その反面、仕事のプレッシャーや責任感が一気に増える。

徐々にならいいですが、自分でいきなりこれから昇進して上司になったんだから上司らしくしなければならない部下や同僚に示しがつかない。と自分を追い込んでしまいます。そんなわけで良い事もストレスになってしまうことを覚えておいてください。

ストレスを感じてつらいと思った心の声を聞いてみる

仕事でミスをして上司に怒られたり、家で家族と喧嘩したり、色いろあると思いますが、そんな時に辛いなって思うことがストレスですが、どんな症状が出ているでしょう。不安感がある。焦燥感がある。つらい死にたいなぁとか、夜なかなか眠れない。寝ても何度も目が覚める中途覚醒がある。お酒の量がついつい増えてしまう。そんな感じじゃありまえんか?

だったらすぐに、通常の内科、心療内科、メンタルクリニックに行きましょう。ストレスの原因は実は内臓疾患が原因だったりしますので何かの病気にかかっているかもしれません。そこで体が元気になれば今まで感じていたストレスもそれで解消できるかもしれません。

内蔵に問題がなければ心が悲鳴を上げている状態なので心療内科やメンタルクリニックにいって簡単に相談することも大事です。そんなわけで次はストレス解消法をご紹介します。

ストレス解消法で一般に言われるものはほとんど使えない

実際にストレス発散させる為によく言われているのは次のようなことがあります。
  • 自転車にのったり散歩をするなど体を動かす
  • ヒーリング音楽を聞く
  • 生活リズムを規則正しくする
  • とにかく寝る
  • 完璧主義を辞める
  • 日の光を浴びる
  • 禁酒(タバコ吸ってる人は禁煙ですね)
さてIT業界で働いている人はもちろんサラリーマンならわかると思いますが、ぶっちゃけ出来ないの多すぎ。

自転車とか散歩とかジムで運動するといいよとかいいますがそんな時間ないし疲れきってるのに出来るかって話。生活リズムを規則正しくするとかも無理ですよ。残業で終電で帰って家では風呂入って飯食って寝るだけ。ある意味生活リズムは規則正しいですよね。でもストレス解消にはならんです。

とにかく寝る。仕事で寝る時間なんてあるわけ無いし、日の光は通勤の時と昼休みに食事に行く時ぐらいだけです。

ビールやワインや日本酒に焼酎などのアルコール類をやめて禁酒するとかやめたら何で気分発散すればいいのか。それに仕事の付き合いで飲まなきゃいけないし無理ゲーですよこれ

完璧主義をやめたら査定に響くし、このご時世、仕事辞めたら転職厳しいし。

そんなわけで実際問題出来るとしたらヒーリング音楽を聞くぐらいになりますよね。

サラリーマンがストレス発散させるのは無理なのか!?

うつ病患者が実際にやったストレス解消法

うつ病で倒れる前にやっていたこと倒れたあとにやったストレス解消法で効果がでたものを紹介します。

  • ご飯の時にコメディやバラエティなどのテレビや映画を見る
  • 暗い話題のニュースは見ない
  • 資格の勉強をする
  • 野菜ジュースと飲むヨーグルトを飲む
  • 一人カラオケことヒトカラをする
  • 心療内科でとにかく愚痴る

笑うとストレス発散になります。そこで効率よく笑えるようにご飯の時はコメディやバラエティなどのテレビや映画を見るようにしました。笑いながら飯を食べる。楽しいことってなかなか見つかりませんが、くだらないコメディや漫才番組やお笑い番組、海外のパロディ映画などをみると気分がスカッとしてストレス解消になりました。

そして暗いニュースというのは自然災害や地震などの震災の話題、殺人誘拐などの暗いニュースは一切見ないようにしました。みてるだけで一気にストレスが貯まって気分が悪くなるのですぐにチャンネルを変えるようにしました。

資格の勉強はなんで?って思うかもしれませんがこれがすごいいいんですよ。スキルアップしておけば今のムカついた職場をやめてやるぜ!!!!って思って頑張れるのもそうですが、資格試験の勉強は仕事や他の嫌なことを忘れてひたすら没頭できるからです。さらにノートに文字を書きまくるので写経みたいな効果があり無心になれます。

資格を撮りまくったおかげでうつ病で倒れたあと社会復帰が資格のお陰でスムーズにできました。

野菜ジュースや飲むヨーグルトは身体自体の栄養が足りていないので体の中のバランスを整える役目があるのでとにかく飲んでました。これなら仕事中でもできるし、いつでも出来るので気楽になります。

ヨーグルトをとっていると免疫が正常化されるといわれますが、自分は花粉症が治りました。いやまじで。ストレス解消というよりも体調がよくなるので体がとっても元気になります。

一人カラオケことヒトカラはめっちゃいいです。大きな声を出すことはストレス発散になるので一人カラオケはとってもいいです。これは散歩や運動とは違って定期的にやるものじゃないし、月に1~2回でもいけばすげースッキリ出来ます。出掛けるのがめんどくさい場合は布団の中でスマホゲームをやったり単純なゲームなどをポチポチするといいですね

しかも個室なので人の目が気にならないし自分の世界にひたれるのがいいですね。

心療内科で愚痴るこれはまじでおすすめ。なぜかというと、友達や家族は他人の愚痴なんか聞きたくありません。そりゃそうですよね。愚痴を聞くの好きな人なんていないんですから。

心療内科やメンタルクリニックがいやなら単純にカウンセラーを使うといいかもしれません。最近では愚痴だけを聞いてくれるお仕事も存在しますのでそんなのを使ってもいいと思います。

身内や友達や同僚などに愚痴ると愚痴った相手がどんどん離れていくからできれば愚痴を聞いてくれる人に頼ったほうがいいです。

ストレス解消法や発散法のまとめ

ストレス解消方法はたくさんありますが、忙しい人にはなかなか出来る事が少ないです。だったらいっそ、ヤバイなと思ったら心療内科に言っちゃって自分にあったストレス解消法を先生と見つけたほうがいいと思います。

人に話すことで自分では気が付かなかった新しいストレス解消法を見つけることが出来ます。睡眠不足なら当分は睡眠薬を貰ってぐっすり寝てみるだけで体調が一気によくなることもありますし。

ストレスを溜めすぎて心の病気や精神病などになって長期間苦しむ人がいなくなればいいなと思います。自分もうつ病で本当に苦しんで死にたくなったり自殺したくなったりした時期がありましたからね。

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク