うつ病で仕事探し1ヶ月で決まったのでやり方まとめ

うつ病がよくなって仕事探しを始めたら1ヶ月ですぐに決まりました。いろいろ選択肢があるなかで実際にやったことをご紹介します。

うつ病の仕事探しはまずハローワーク

うつ病の仕事探しはまずハローワーク

病気になっていない人だとハローワークはブラック企業しかないとか給料も安くて実際に良い案件がない。というので有名ですよね。ハローワークで働いている人自体も非正規雇用ですし。でもうつ病などで障害者手帳を持っている人は絶対にハローワークに行ってください。

確かに、ハローワークは肉体労働や飲食店などそうった障害者求人も多いですがやっぱり一番多いのは事務系の仕事が多いです。会社名はわかりませんが実際にどんな求人が出ているかわかる用にネットでハローワーク求人が見れる記事を書いたのでそちら下に貼っておきます。

ハローワークに行かないで家で最新障害者求人を見る方法

実際にハローワークに行って求人を検索してみると普通では入れない一部上場の会社が掲載されています。本社は東京でも営業所が実は地方に沢山あります。そういう案件をガンガン応募していきましょう。

ハローワークにいくとメリットがあるのがプチ合同面接会というのがあって企業にその場で面接してもらえる機会があるんです。こういう情報はハローワークに直接行っていると顔なじみになった担当さんが教えてくれるし、大きな就職イベントなども教えてくれるのでとっても便利です。

さらにハローワークでいいのは応募者何人で現在審査中が何人というのをおしえてくれるのもいいですよ。どれぐらいの倍率なのかわかるから実際どれぐらいの人が応募しているのかっという不安がありません。

でもそれだけだと心もとないですよね。もっと色々やっていきましょう。

リクナビネクストでも障害者求人は出ている

実はリクナビネクストでも障害者求人が出ていたりします。まさかないだろうな~って思ったらさすが日本最大の転職就職サイトです。

できればクローズドで応募したい。そう思っている人も多いと思います。そういう人はまずはリクナビネクストに登録して自分にあった仕事を探してみるのはいかがでしょうか。

それから障害者枠にするかどうかを決めてもいいと思います。選択肢は多ければ多いほどいいですし、実際にうつ病が良くなったら障害者枠で働けなりますから少しずつ普通の仕事も探していくのも大事なことですよ

転職サイトおすすめ
転職エージェントおすすめ

うつ病の仕事探しは民間の就職紹介会社も使おう


関東の人向けの精神障害者の仕事探しを手伝ってくれる就職エージェントのDODAチャレンジとリクルートのアビリティスタッフィングというものがあります。自分はDODAチャレンジで仕事が決まりました。

この2つについても記事をまとめているのでぜひご覧ください。
精神障害者の就職支援のアビリティスタッフィングの説明会に行ってきた
DODAチャレンジで採用されたので評判と口コミを精神障害のうつ病持ちがまとめてみた

この2つは説明会や登録会にいって履歴書や職務経歴書を登録するとあとは基本的に書類を作らなくて応募したいですか?っという連絡に応募したいです。というだけで書類審査してくれます。そのためたくさんの企業に一気に応募できます。

でも関東の人だけなんでしょっていう人はクローバーナビというサイトがいいですね。こちらは大手企業の障害者採用を全国で募集しているのでとりあえず該当する地域には片っ端からエントリーして履歴書を送りまくりましょう。クローバーナビの記事も書いてます。

クローバーナビの障害者の就活情報誌がめっちゃ便利


こんなかんじで実はハローワーク以外にもいろいろあります。うつ病の仕事探しは生活リズムが治ったり、外に出て活動するので結構それだけで体力がつきます。就職活動をしただけで人間として認められている気がしました。ぜひみなさんもうつ病で仕事探しが大変かな?って思っているかもしれませんが自分に続いて目指せ就職でいってみましょう。

うつ病が障害者雇用で就職したメリットとおすすめ

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク