精神病棟の入院も地方格差でできない時代がくる

精神神経科の医師不足でなんと北海道函館市にある函館病院が入院病棟を閉鎖しました。精神患者が増えるペースが増える一方、精神神経科への入院ができなくなるとは

精神病棟の入院も地方格差でできない時代がくる


東京ではかなり精神神経科や心療内科がどんどん増えています。そして設備がどんどん良くなっています。かなり儲かっているんでしょうね。

東京や大阪などの主要都市などは病院は歩けば見つかるけれど、地方に行くとバスや車や電車などに乗っていかなければなりません。

地方の場合は閉鎖的な社会なので病院に行くこと自体周りの目があって行けないということを聞きます。実際に友達はわざわざとなり町まで1時間かけて言っていました。

きっとそういった現状もあるため、地方でも大きな精神神経科に集中してしまって入院受け入れを中止しなければならない。といったことがおきてしまうのですかね。

自分はそうなるのが嫌で地元療養に戻ったけど、東京に戻ってきました。今後の人生を考えると地方よりも財政が安定していて病院も揃っている東京に住んだほうがいいなぁって思います。

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク