生理痛が辛い人のピルとうつ病の薬の飲み合わせについて

生理痛がつらくてピルを飲んでいる人も多いと思います。女性でうつ病の人などの精神疾患で精神安定剤を飲んでいる人はピルを飲んじゃいけないという思い込みがあるそうです。結論から言って飲んでもOKとのこと。こういう情報を発信して欲しいと言われて書いてます。

精神安定剤を飲んでいてもOKなピルがある

薬の飲み合わせって相性があって飲んだら副作用が強くなったり、そもそも飲み合わせては行けない薬などありますよね。

ピルって女性の生理を止めるものだから、女性ホルモンのバランスが変わるって思っちゃいますよね。そこで、なんとなくピルとうつ病などの精神安定剤の飲み合わせってダメだ。って自分で思い込んじゃうケースがあります。

でも実はOKでしっかり、お医者さんに飲んでいる精神安定剤を報告して、生理痛が辛いからピルが欲しいと報告することで今服薬しているくすりにあったものを処方してくれます。

ピルと精神安定剤でホルモンバランスがよくなることも

ピル自体は飲むことでホルモンバランスが整って生理不順が治ったり、子宮内膜症の予防になったり、骨粗しょう症の予防になったりします。

うつ病は体内の精神のバランスが崩れたり、ホルモンバランスが崩れてストレスでなるケースもあります。避妊のためのピルってイメージが強いですが、ホルモンバランスを正しくするためにピルを飲んでまずは体の状態を良くして、抗不安剤などの精神安定剤で心のバランスをとっていくという手段はどうでしょうか。

体がよくなれば意外と良くなるかもしれません。

ピルはお酒を飲んでても飲んでいいそうですよ。でもまあうつ病などを抱えている人は禁酒禁煙をしてまずは体を健康にして次に心を洗浄していきましょう。

あくまでこちらは自分が調べた知識ですので、まずは生理不順や生理痛でつらいうつ病や精神疾患を抱えている人は産婦人科かメンタルクリニックでまずは相談しましょう。

最近生理が辛い人が月経カップ生理カップという生理用ナプキンではなく。子宮の形をしたカップを中に入れてそこに貯めるというものが流行っていて非常に不快感なく使えるようです。



うつ病の薬についての記事はこちら

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク