うつ病が障害者雇用で就職したメリットとおすすめ

うつ病が障害者雇用で就職したメリットとおすすめ

障害者雇用で就職して、かなりうつ病よくなったので、オープンでの就職をおすすめするポイントを紹介します。

精神障害のうつ病でも障害者雇用で雇ってもらえる理由


うつ病や精神障害は障害者雇用でも難しいと言われますが、これ嘘です。実際には身体障害者よりも、精神障害者の雇用が増えています。実際には働いている会社の障害者雇用はみんな精神障害の手帳を持っている人たちです。

ではなぜうつ病が雇われるのでしょうか?身体障害者よりも配慮するポイントが少ないからです。

車椅子や足が不自由、耳や目が不自由だと、通勤やオフィス環境などをその人に合わせて改善しなければなりません。

通勤中に事故がないか、問題なく通勤できるか。車内の通路の広さやトイレの問題など、いろいろ配慮することが多いんです。周りの協力はもちろん必要です。

しかし、うつ病や精神障害の場合だと、オフィスはそのままで、社員の配慮に注力すればいいんですよね。

障害者雇用で受かるポイントは自分が出来ないことや、嫌なことをしっかり伝えておき、それを配慮してもらうだけでいいんです。

自分は怒鳴り声などが苦手なので伝えておきました。だからこそ、周りが騒がしいと大丈夫?と一言かけてもらえます。

あとは、ときどき、声をかけてもらっていいですか?と伝えています。これをすることで、コミュニケーションにもなるし、その時に何かあれば伝えやすいですからね。

まとめうつ病をオープンにして障害者雇用を使ってよかった


うつ病や精神障害は自分の特性さえわかって、それを事前にしっかり伝えておけば企業側が配慮してくれます。

時短勤務だってお願いできます。うつ病って隠して働くとそれだけでストレスだから、むしろオープンでストレスなく働いて、お金が足りなければ不足分を生活保護や障害手当などを受給すればいいんです。

働きたい!でも隠したいっていうよりもオープンにしてじっくり探したほうが長い目でみたら、就職が決まった会社で長く働けますよ。

あなたにおすすめの障害者雇用の記事

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク