上司に呼び出され発達障害扱いされてうつ病に

私は現在30代後半で無職です。何か月か前までは接客業の仕事をしていましたが、そこでの人間関係がうまくいかずにふさぎ込んでうつ病になって辞めました。

人間関係がうまくいかないと書きましたが、正確には同僚や上司からの誹謗中傷に耐えられなかったというのが正しいです。

全く違う業界の職場から改めて転職した所がその会社で、慣れない仕事ながらも必死に覚えようと自分なりに努力を重ねてきました。

しかし効率よく作業する方法が分からずに叱られることも多く...そこまでは自分が出来ないことが原因だし、早く仕事を覚えて企業の期待に応えようと職場に一人残って業務の練習をしたり、家でも業務内容を覚えようと日々勉強をしていました。

ただ何か月か経過すると上司から毎日のように嫌味を言われるようになりました。こんなこと子どもでも出来る、なぜ覚えられない、自分で考えて動け、なぜ勝手に動いたのか...
そこの職場は習うより慣れろ、といった感じでこの業界を全く知らない私は上司にとってぼんやり突っ立っていて何も出来ない愚図に見えていたようです。

私はただ自分が情けなかった。誰でも出来ることをなぜミスしてしまうのだろう。そう思って焦れば焦るほどミスが続きます。

そんなある日私は上司に呼び出されました。そして言われたことは「発達障害なのではないか」。言われた瞬間に時間が止まったような気がしました。40年近く生きてきてそんなこと言われたことはありませんでした。学校でも病院でも今まで働いた職場でも言われたことはない。

上司は周りの人は言いづらくて今まで言わなかったのではないか。私は優しいから言っているんだ。君みたいな人はまともに生きていけない。

そう一方的に言われた翌日から、私は上司や同僚に日本語読める?数字かける?とお客様の前で大声で言われ、電話をかけるのに必要なメモをこんなの覚えろと奪い取られ、閉店後には予約の復唱を一人だけ延々とさせられました。

そんなことを続けていくうちにある日突然朝起きれなくなり、体が動かなくなりました。意識もぼーっとして突然死にたるのに涙は出ず、何も楽しいと思えない、壊れたロボットのようでした。

病院に行くとうつ病と診断されました。その時に発達障害かもしれないと先生に相談するとそんなことはない、あなたは自信を持っていいのよ。まずは心から元気になりましょうね。と言われました。

今はだいぶ症状も軽くなりましたが、自分が発達障害なのではないかという言葉が呪いのように私を苦しめます。上司は私のことを傷つけたことも忘れてこれからも生きて行くのでしょう。また気に入らない誰かをいじめて笑って生きていくのでしょう。

でも私はあの日から時間が止まってしまいました。発達障害だから働けば周りの迷惑になると言った上司の言葉が私を殺しました。

私はこれから時間が進む日がくるのでしょうか。発達障害ではないと診断されても呪いが解けない。この呪いが解ける日は来るのでしょうか。誰か呪いを解く方法を知りませんか。知っていたら是非教えてもらいたい...そんなことばかり考える日々です。


ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク