失業給付金は確定申告は必要ないが年末調整がないのでしたほうが得

失業給付金は再就職に向けて貰える貴重な収入源ですよね。では貰った失業給付金は確定申告が必要なのかについて説明します

失業給付金は確定申告


失業給付金は税金対象外なので確定申告必要なし

雇用保険の失業給付金は所得税の対象外なので税務署への届け出などは必要ありません。でも次の条件の場合は申告が必要な場合があります。失業給付金は失業保険とか失業手当なんていったりしますね。

社会保険の扶養になっている場合は必要

家族や旦那さんなどに扶養されることになって社会保険の扶養者に入っている場合は失業保険は申告が必要とのことです。
具体的にはハローワークの雇用保険受給資格者証に記載がある基本手当日額が3612円以上で、年間の収入が130万円を超える場合、扶養から外れ健康保険や年金の対象外になってしまうので注意が必要です。

年度途中で退職したら確定申告をすると税金が戻ってくることも

年度の途中で退職した場合、無職のため今まで会社がやってくれていた年末調整がなくなります。年末調整は収入の目安で払っていた所得税を実際に計算して余分に払っていた税金を取り戻すチャンスなんです。

そのため、仕事をやめて次の仕事が見つからな語った場合は、確定申告をしたほうがお金が戻ってくる可能性が高いです!今はネットで確定申告できますし、ぜひ面倒臭がらずにやりましょう。

ストレングスファインダーで自信が湧きうつ病が治り就職活動

スポンサーリンク

スポンサーリンク